越前市の奈良俊幸市長は、11日開会した定例市議会で、11月5日の任期満了に伴う越前市長選に出馬する意向を示した。

北陸新幹線「越前たけふ」駅周辺のまちづくりを、引き続き推進していきたいとしている。

奈良市長は、59歳。県議会議員を経て、2005年に旧武生市長に初当選した。

同じ年に、市町村合併で越前市が誕生し、初代の市長に当選して以来、4期16年務めている。5期目を目指す。

越前市長選に出馬を表明したのは、奈良市長が初めて。

一方、一部の市議会議員の間では、県庁の元幹部職員を擁立する動きがある。