パブリックビューイングの相次ぐ中止に、大会組織委員会の橋本会長は、「しっかり受けとめていきたい」との考えを示した。

橋本会長「より安心・安全ということを考え、どのように対応していくかが、より重要だと思うので、しっかり受けとめていきたい」

東京オリンピック・パラリンピックの大会期間中に予定されているパブリックビューイングをめぐっては、神奈川県や千葉県が中止を発表したほか、武蔵野市が、東京都に中止するよう要望書を提出している。