キャバクラ通いの大関・朝乃山に、6場所の出場停止の処分。

日本相撲協会は臨時の理事会を開き、大関の朝乃山が緊急事態宣言中の夏場所前に、協会のガイドラインに違反し、複数回キャバクラ店に通っていた問題について、6場所の出場停止と6カ月、50%の報酬減額の処分を決めた。

大関からの陥落は確実で、幕下以下からの再出発となる見通し。

なお、朝乃山関は引退届を提出していたが、協会預かりとしている。