富山県出身の大関朝乃山に出場停止6か月、報酬減額処分が決定したことに関して、富山県の新田八朗知事がコメントを発表。

 本日、日本相撲協会臨時理事会にて大関朝乃山に対して6場所の出場停止の処分が決定しました。厳しい処分となりましたが、角界に残ることができました。

 大関朝乃山にはこれまでも県民に夢と希望を与えていただいてきたところであり、誠に残念なことになりましたが、県民の期待に応えるためにも、今一度原点に立ち返り、今回の処分を真摯に受け止め、相撲道に精進し再起されるよう願っています。

 私も温かく見守り、県民とともに応援したいと考えています。