ムシムシと暑くなってきたが、最近、気になることを尋ねると...。

10代学生「水着着るのに、やせないと着られない」

10代学生「半袖とか着ると、二の腕が出る」

20代会社員「肌見せるから、やせないとってなる。足は隠せるけど、上半身は隠せない」

薄着の季節に向け、ダイエットはしたいけれど、コロナ禍にたまるストレスでおいしいものも食べたい。

そんなニーズを狙い、ローソンは11日、5種類の低糖質フードを発表した。

糖質を37%カットしたおにぎりは、お米の量を半分以下にし、代わりに大豆たんぱくや、もち麦を使っている。

また、糖質40%オフの冷やし茶漬けは、ご飯ではなく、もち麦とカリフラワーを使用している。

今、低糖質商品を打ち出すわけを聞くと...。

ローソン 商品開発責任者・友永伸宏さん「好きな物を食べながら、からだにやさしいものを開発した」

低糖質戦略は、ローソンだけではない。

ファミリーマートもアーモンドチョコレートやバタークッキーなど、糖質10グラム以下のお菓子を6月から販売。

消費者のやせたい願望と健康志向に応えている。