拿捕漁船 2週間ぶりに帰港 乗組員「疲れてます」

北海道文化放送
北海道文化放送
国内

北海道・稚内市の沖合で、ロシアの警備当局に拿捕(だほ)されていた漁船が、およそ2週間ぶりに解放され、11日朝に稚内港に戻った。

乗組員14人は、全員無事。

稚内港に戻った、稚内機船漁協所属の底引き網漁船「第172栄宝丸」は、5月28日に、稚内市の沖合でロシア国境警備局に拿捕され、サハリンに連行されたあと、罰金を支払って、10日に2週間ぶりに解放された。

乗組員「(疲れてますか?)疲れてます」

稚内機船漁協・風無成一組合長「(どんな言葉をかけたい?)ご苦労さん、お疲れさん。(罰金を払ったのは)早期解放のため。あらゆる手をつくしたため」

乗組員14人は、新型コロナウイルスの検査を受け、全員の陰性が確認され、午前11時すぎに下船した。

ただ、2週間は自宅などに待機するという。

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×