平井デジタル改革担当相は、東京オリンピック・パラリンピックの関連アプリをめぐり、内部の会議で、請負先の企業を「徹底的に干す」などと発言していたことを認め、陳謝した。

朝日新聞によると、平井デジタル相は4月、アプリの機能見直しにともない、開発を請け負ったNECとの減額交渉に関連して、「徹底的に干す」、「脅しておいて」などと、担当職員に指示していた。

平井デジタル相は11日、発言を認め、陳謝した。

平井デジタル相「表現は、やはり不適当だなと思います。今後気をつけていきたい」

当初およそ73億円だった契約は、交渉の結果、およそ38億円に圧縮されていて、平井デジタル相は、「調達の無駄をなくしていく。担当者が強い気持ちを持っていないとコストを削減できない」と述べた。