小学生の息子を殴りケガをさせたとして、父親の44歳の男が逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、北海道長沼町に住むトラック運転手の44歳の男です。

 男は6月4日、自宅で同居している小学生の10歳未満の息子の身体を殴るなどの暴行をし、ケガをさせた疑いがもたれています。

 息子は左腕や腰、右脇を打撲するケガをしました。

 6月9日に妻と子どもたちが警察を訪れ、男の暴行を相談したことで事件が発覚。6月10日に男は逮捕されました。

 調べに男は容疑をおおむね認めていて「息子が兄弟げんかをしていて、『うるさい』と注意をしたら生意気なことを言われた。引きずったり蹴ったりする暴力をふるった」と話しています。

 警察が詳しく調べています。