新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだアメリカでは、さまざまな規制が解除され、経済の再開が加速している。

6月から経済規制が全面的に解除された、アメリカ・ラスベガス。

カジノやレストランでは、収容人数の制限がなくなったほか、ワクチンの接種を終えた人は、マスクの着用義務もなくなった。

メキシコ出身のカップル「全く心配していないよ」、「私は接種が終わっているので大丈夫。やれることがたくさんあるし、ショーもたくさんあるし、本当にいいわ」

世界有数のエンターテインメントの街。

2020年4月には失業率が33%と、全米の大都市の中でも最悪となっていたが、街は今、完全復活を遂げていた。

そして、ラスベガスにはもう1つ「経済の柱」がある。

この日、開幕したのは、建設業界の最新技術が紹介される数万人規模の展示会「ワールド・オブ・コンクリート」。

こうした大規模な展示会は15カ月ぶりとあって、実演会場も活気があふれていた。

展示会や商談会でラスベガスを訪れる人は、年間およそ660万人。
その経済効果は1兆2,000億円にものぼる。

以前のように、対面での開催にこぎつけたことは、経済の復活を象徴する一歩となった。

出展した日系企業担当者「不安もあったが、お客さんの喜んでいる表情やスタッフの生き生きしている表情を見て、『対面』でやる重要性も感じている」

ラスベガス観光局責任者「きょうはラスベガスだけでなく、アメリカや業界全体にとって非常に素晴らしい日だ。ワクチン接種が復活のカギとなった。日本やその他の国もワクチン接種が進めばそうなるだろう」