アメリカやオーストラリアなどの捜査機関は、「おとり用」の通信アプリを通じて、犯罪組織を摘発し、全世界で、およそ800人を逮捕したと発表した。

オーストラリア連邦警察とアメリカのFBI(連邦捜査局)は、2018年から犯罪組織の大規模な捜査を実施してきた。

これまでに全世界で800人以上が逮捕されたほか、現金数百万ドルや武器、30トンの麻薬が押収された。

捜査には、FBIが開発した「アノム」と呼ばれる、おとり用の暗号通信アプリが使われ、犯罪組織に普及させて、メッセージを解読していたという。

アプリは100カ国以上、300の犯罪組織が利用するまで浸透していたという。