立憲民主党の本多平直衆議院議員が「50歳が14歳との同意性交で捕まるのはおかしい」という趣旨の発言をしたことについて、立憲民主党の福山幹事長が、本多議員を厳重注意した。

本多議員は5月、刑法の性犯罪に関する党の会合で、「50歳近くの自分が14歳と性交したら、同意があっても捕まることになる。それはおかしい」という趣旨の発言をしたとされている。

福山幹事長は、そのような趣旨の発言があった事実を確認したうえで、本多議員を厳重注意したことを明らかにした。

本多議員は7日夜、文書で「わたしの発言は不適切であり、おわびして撤回します」とコメントを出した。