障害や病気を抱える家族の介護や世話を行う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」。

支援の専用窓口が、全国の自治体で初めて開設された。

6月1日、兵庫・神戸市に新たに設けられた、ヤングケアラー専用の相談窓口。

そもそもヤングケアラーとは、障害や病気のある家族の世話や介護を担う18歳未満の子どものこと。

国が、2021年4月に公表した調査では、中学2年の17人に1人が世話をする家族がいると回答している。

神戸市では、相談員を配置して、学校への協力依頼や公的サービスの紹介など支援を行っていくことにしている。

そして初日の6月1日も「ヤングケアラーだと思われる中学生が登校できていない」といった相談が寄せられたという。

障害がある妹がいて、自らもヤングケアラーだったという三間瞳さん。

ヤングケアラーの実態を知ってもらおうと、2021年には映画を製作した。

佐々木恭子アナウンサー「今回、神戸でいわゆるヤングケアラーたちのための相談窓口ができました」

元ヤングケアラー・三間瞳さん「ヤングケアラーが支援の対象なんだよ、とメッセージになるというのは良かった」

そもそも国を挙げて支援が急がれるヤングケアラー問題。
その存在を容易に把握できないことに、難しさがあるという。

元ヤングケアラー・三間瞳さん「見た目とか勉強の度合いとか、スポーツのところとか浮き彫りに出てくるような違いがないんですよね。場合によっては、ヤングケアラー自身もメンタルで落ち込むことが起きる可能性があるということです」

佐々木恭子アナウンサー「コロナ禍で、より家庭の問題が見えにくくなっているとも思います」

元ヤングケアラー・三間瞳さん「本音を話したくても、どこかで家族が聞いていて、家族の悪口になったら嫌だからというのもあるので、どんどん孤立していく。なおのこと支援が難しい」

佐々木恭子アナウンサー「せっかく支援の一歩が始まります。ただ、ヤングケアラー自身が支援の対象だと気づいていないことも多い。また、外からもわかりにくいので、どうやってこの支援につなげればいいのかというのを三間さんに伺いました。教育現場、学校はもちろん、塾などまた家庭に接する立場の人たちには、何か子どもたちに異変があったら『どうしたの』という声をかけてほしい。そして支援につないでほしいということなのです。また、同年代で安心して『わたし、こんな今環境にあるんだ』ということを語り合える居場所が大事。やっぱり『助けてほしい』とか『誰かを頼りたい』といったその感情自体、『まず、気付いていいんだよ』というメッセージでした」

加藤綾子キャスター「なかなか自分から言い出せないということもあると思うので、あらためてそういうお話しできる場というのがあるとまた違ってきますよね」

キャノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦氏「コロナでなかなか気がつかないけど大変なことだよね。非常に大事ないいことをやっていると思います」

佐々木恭子アナウンサー「人に迷惑をかけてはいけないではなく、『頼ってもいいんだよ』と、そういう気持ちを持ちあいたいと思います」