いわゆる「夜の街」での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、歓楽街関係者を対象としたワクチンの集団接種を行う案が、政府内で浮上していることがわかった。

複数の政府関係者によると、「夜の街」が感染拡大の一因になっているとして、東京・新宿や渋谷などの歓楽街で働く人を対象としたワクチンの集団接種を行う案が浮上していることがわかった。

接種会場を設け、モデルナ製のワクチンを使うことを想定している。

一方、職場や職種ごとの接種の本格化に向け、菅首相と関係閣僚による初めての協議が、31日午後にも行われることもわかった。

一般への接種をどのように進めていくのかもあわせて検討する見通し。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ