「他で頑張ってくれ」…“大島洋平を超える逸材”に5年目で戦力外通告

プロ野球で戦力外になった選手が現役続行を懸けて臨む「12球団合同トライアウト」が、12日、大阪で行われ、43人の選手が必死でアピール。

ドラゴンズから戦力外通告を受けた友永翔太選手も43人の1人。現役にこだわった理由は、病と闘う祖父との約束だった。

中日ドラゴンズから戦力外通告を受けた友永翔太選手、28歳。10月1日、祖父母の住む大分県でトレーニングを続け、トライアウトへの準備を行っていた。

友永翔太選手:
(戦力外通告で)球団からは正直何もなくて、『お疲れさま』ということと、『ウチでは契約しないから、他で頑張ってくれ』っていうその二言…。その時はある程度、やりきったっていうか、そういう気持ちも強くて(現役は)終わりでもいいかなって思ってましたね

2014年にドラフト3位で入団した友永選手。50m5秒8の俊足が落合GMに高く評価され、背番号は新入団選手として、異例の「1」番。

ドラゴンズの中心・センターを守る大島洋平選手を超える逸材として期待された。

ルーキーイヤーの2015年7月5日、本拠地ナゴヤドームでのジャイアンツ戦では、高校の先輩で、日本を代表する菅野投手からヒットも放った。

しかし1年目のヒットはこの1本のみ…。その後は背番号1に見合った活躍ができず、2018年には62に変更。結局、プロ5年間でわずか7安打。自慢の足も生かせないまま、戦力外通告を受けた。

友永翔太選手:
まず(背番号が)1番である以上は、絶対、下で(2軍)で燻ってちゃなんかいけない、と思って、2年3年経って、すごく(1番の)重みを感じてきて、いろんな人に…『早く背番号を返せ』と言われたこともありました

もう1度プロで…後押ししたのは病と闘う祖父

悔しさばかりが残ったプロ生活。それでも再び勝負の舞台に戻ろうとトライアウトへの参加を決めた。後押ししたのは、祖父だった。

友永選手の祖父・豊次さん85歳、肺の病と闘っていた。10月22日、豊次さんにトライアウトに挑戦する友永選手への思いを聞いた。

友永選手の祖父・豊次さん:
いつもテレビを見ていて、翔太が出ないかなって。(友永選手は)野球が好きだからね、それで食べていければ一番いいんだけど。だからトライアウトは応援したい

友永選手:
今回ね、トライアウト受ける、もう1度プロを目指してやるっていう頑張っている姿を見て、もう1回元気出してくれたらなって思って、そういう気持ちで頑張ってきます

祖父・豊次さん:
ありがとう。頑張ってな。応援する。どこの球団でも引っかかればそれが一番だ。お前がカムバックしてくれたら、オレ(の病気)も良くなる

友永選手:
頑張るわ、よし頑張る

トライアウトで武器の“走力”を…砂浜での走り込みも

友永選手が大分県内で行ったトレーニングでは、トライアウトに向けて、砂浜を走ったりして武器である走力に磨きをかけた。

友永選手:
結構足が武器で入団してきたんですけど、1軍の舞台では走れていないので、そういう部分では、悔しい部分というのが残っているので、トライアウトで、NPBでできるのであれば、そういう部分を見せていきたい

足をアピールするためにも、ヒットを打って出塁することは絶対条件。しかし、プロの時のように生きたボールを打つこともできない。友永選手は、トライアウトまでずっと地元のバッティングセンターでバットを振り続けた。

友永選手:
今はほとんど毎日…ていうか毎日か。ここじゃないと実践というか、前から来たボールが打てないから。(プロが使う硬式球と違って)難しいな、軟式(球)は。今までボールを打つのにお金を払っていなかったので、こうやってお金を払うのが不思議な感覚です。(プロは)ちゃんとした環境が整っていたんだなって、終わって(戦力外になって)身に染みて感じています

戦力外で直面した厳しい練習環境。それでも祖父との誓いを果たすため、もう一度、プロへの扉を開く。

祖父との突然の別れ…吉報間に合わずも「感謝を報告したい」

トライアウトを前に名古屋に帰ってきた友永選手に11月6日突然の別れ…。祖父・豊次さんが肺炎で亡くなったのだ。

友永選手:
すごい応援してくれていたので、本当に悲しいし、でもそういう気持ちも背負って受けるトライアウトなので1人じゃないというのは僕もすごい感じていますし、本当にいい報告をしたいなというのが今の気持ちです

11月12日、12球団合同トライアウト当日。参加したのは、43人の戦力外通告を受けた選手たち。バッターは投手4人と対戦。バッティングはもちろん、走塁、守備、すべての面でアピールしなくてはならない。

友永選手、注目の最初の打席。初球を見逃して2球目、全力疾走を見せるもファーストゴロ。第2打席は空振り三振、第3打席はレフトフライ…。

なんとしてもアピールしたい最終打席、初球を空振り、2球目をファール。そして、5球目…。バットは折れ、無念のファーストゴロ。4打数ノーヒットでトライアウトを終えた。

終了後、挑戦を終えた友永選手に話を聞いた。

友永選手:
(祖父には)一区切り、トライアウト終わったよっていう、結果は別としてね、やっぱり今までの感謝と…感謝ですね、本当に。その部分はやっぱり報告したいなとは思っています。(今後のことは)今は考えられていないですけど、やっぱり結果も結果なので受けとめて、信じて連絡を待つしかないですし、きょうがユニフォーム姿最後になるかもしれないし、そういうものは自分で噛みしめて連絡を待ちます

今年、ドラゴンズでは5人の選手が戦力外通告を受け、亀澤恭平選手、杉山翔大選手、近藤弘基選手、そして友永選手の4人がトライアウトに臨んだ。

球団は5日以内に興味を示した選手に対し、連絡することになっている。

(東海テレビ)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】