容疑者は娘の夫で“後継者”

千葉県木更津市の市議会議員の男性が殺害された事件。
逮捕された義理の息子との間には、選挙の後継者をめぐるトラブルが浮上している。

石川哲久 木更津市議:
私たち市議会議員も市議会選挙を控え、例年にも増して市民の方々から多くのご意見やご提案をいただいているところでございます…

木更津議会議員で質問する石川哲久さん

議会で質問を行うのは木更津市の市議会議員・石川哲久さん(71歳)。
9日夜、自宅マンションで胸などを刺され殺害された。

石川さんが殺害される直前に、本人と会っていたという後援会長は、その時の石川市議の様子をこう語る。

石川市議の後援会長:
僕は午後7時くらいから本人にあったんですよ。選挙に関して、どういう方針で行こうかという、ちょっとした会議をしていました。全然普段と全く変わらない様子でした。

石川市議の知人:
いつもは町内の相談役というか、頼りにしている人だったので…気軽に声をかけたり話をしていた。

防犯カメラの画像などから浮上したのは石川さんの娘の結婚相手、石川祥一容疑者(44歳)。殺人の疑いで逮捕、送検された。

身柄を確保された際、祥一容疑者は凶器とみられる刃物を所持していた。
祥一容疑者はどのような人物なのだろうか?
祥一容疑者を知る人は、こう語る。

祥一容疑者の知人:
すごく気さくな明るい方。人見知りするような感じではなかった。普通の方ですね…

義理の親子の間に何が?

義理の親子だった2人の間に一体何があったのだろうか?
取材を進めるとある“結びつき”が見えてきた。

祥一容疑者の知人:
(祥一容疑者から)私こういうことしていますと名刺を渡されて、その名刺には『国会議員の秘書』と書いてありました。

石川さんは一時、自身の後継者として祥一容疑者を周囲に紹介していた。
政治家になる準備として、祥一容疑者を、一昨年9月ごろから数か月間、いくつかの国会議員事務所で勉強させたという。

石川市議に、祥一容疑者を紹介された人は、その時のやり取りに関してこう語る。

祥一容疑者を紹介された人:
石川市議が、『私の後継になります』と言って私のところに来た。
祥一容疑者は『政治家を目指します』と言っていた。

しかし、勉強先の事務所関係者は、年明けに祥一容疑者の親からこんな連絡を受けたという。

祥一容疑者の親:
石川家の家庭内でトラブルがあり、病院に通っているので、事務所をやめたい…

そして、石川さん自身も知人にある悩みを打ち明けていた。

石川市議から相談を受けた知人:
石川さんは『DVの件で今、トラブっている』と話していた。

石川市議から相談を受けた知人:
娘にそういうの(DVトラブル)があって、子どもと家族を離して…

石川市議から相談を受けた知人:
祥一容疑者は、石川の家に入って、政治家目指して全部狂わされた…『お前(市議)のせいだ』くらいのことは言っていた…

今回の事件にもそれらのトラブルが関わっているのだろうか?
祥一容疑者は、警察の取り調べに容疑を認めていて警察は犯行に至った詳しい動機などを追及している。

(「プライムニュース イブニング」2019年3月11日放送分より)