新型コロナウイルスワクチンの接種率が伸び悩むアメリカ・ニューヨーク州は、接種を受けた人に、最高でおよそ5億4,000万円が当たる可能性がある宝くじ券を贈る計画を発表した。

ニューヨークのクオモ州知事は20日、州が設置した大規模接種会場で、5月24日から5日間、接種を受けた人にスクラッチ式の宝くじ券を贈ると発表した。

当選金は、1等が500万ドル(日本円でおよそ5億4,000万円)、13等は2,200円で、削ったその場で「当たり」がわかる。

いずれかに当選する確率は、およそ9分の1だということで、伸び悩む接種率を上げたい考え。