テレビ西日本が入手した小学校の卒業アルバム。女は将来の夢について「できれば弁護師になりたい」と綴っていた。

この記事の画像(18枚)

今から30年前の山本美幸被告(42)。
2019年10月。福岡・太宰府市内の駐車場で佐賀県の主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が見つかった事件。

一審判決によると、山本被告は17歳年下の交際相手・岸颯被告(25)と共謀し、瑠美さんを1カ月間に渡って自宅に監禁。バタフライナイフや木刀で凄惨な暴行を加え、外傷性ショックで死亡させた。

太宰府事件を1年半に渡り"徹底取材"

なぜ普通の主婦が無残な死を遂げたのか?
テレビ西日本は、1年半に渡って関係者を徹底取材。
数々の証言から浮かび上がったのは、山本被告の恐怖支配と瑠美さんの命は「すくえた命」ということだった。

事件前、山本被告は元暴力団組員・田中政樹被告(47)と組み、瑠美さん夫婦を執拗におびえさせ金を搾り取っていた。

(脅迫録音音声 2019年9月)
山本美幸被告:

借りた金も返さんで、弁護士をいれるらしい

田中政樹被告:
弁護士◎△$♪×\\

山本美幸被告:
詐欺やろ、詐欺

田中政樹被告:
おう!弁護士◎△$♪×\\!?おっ?オドレ◎△$♪×\\●&%#コラ!

山本美幸被告:
ちょっとアニキ、声を静めて、いま公共の場やけんさ、ふっ

田中政樹被告:
おおう。公共もへったくれもあるかいコラ!

2021年1月  テレビ西日本は、山本被告の共犯者・田中被告を直撃取材した。

ーーたとえ元ヤクザでも、道徳的・倫理的問題は感じなかった?

田中政樹被告:
う~~ん

ーーおかしいでしょ?

田中政樹被告:
みゆとワシの付き合いがある。助けてやりたいと思ったよ

ーー間違ってますよね

田中政樹被告:
間違ってるよ

2021年3月  田中被告の証言から、山本被告が瑠美さん夫婦を罠にかける卑劣な手口の全容が明らかになる。

田中政樹被告:
あのな、わしもみゆと20年来の付き合いやんか。そこで方程式ができてるわけやんか。XがみゆでワシがYで、兄貴に話してもらって、こうすれば金があがるという恐喝の方程式ができているわけやんかって

山本被告に抱く恐怖で、身も心も支配された瑠美さん。

瑠美さんの母親:
目が虚ろだったり、おかしいから何かやっているんじゃないかとか

"動かない"警察「不備はない」

家族は、山本被告から瑠美さんを救うため佐賀県警に十数回相談。

鳥栖警察署・遺族録音音声
A巡査:

いまのところは脅迫だとは断定できない

家族側:
被害届を何で受理せんと?

A巡査:
どうしようもないという状況ではないので

しかし、佐賀県警に家族のSOSは届かなかった。

警察が救いの手を差し出さないなか、瑠美さんが過ごした地獄の日々。
事件後、佐賀県警幹部は対応に不備を認めて遺族に謝罪する。

佐賀県警幹部(遺族への説明音声):
最初は家庭内トラブルみたいな話だったのが、事件性が高くなっているじゃないかというような判断が報告される中でできていなかった。適切に対応できていなかった

ところが、このあと態度を一変。
佐賀県警は、対応に不備はなかったと主張を変えたのだ。

杉内由美子本部長(佐賀県議会での発言):
被害者の女性に直ちに危害が及ぶ可能性があるとは認められませんでした

一体、何が起きたのか。
遺族に謝罪した佐賀県警幹部に直撃取材した。

ーー太宰府事件について

佐賀県警の幹部A:
真実は一つしかありませんからね。ちゃんと本部長が答えたじゃないですか

ーー本部長が言っていることが、いま正しいと思ってますか?

佐賀県警の幹部A:
そのことについても何も言いません

元夫が語る山本被告の"素顔"

そして2021年2月。
鹿児島市のホテルで、幼い2人のわが子を殺害したとして起訴された田中涼二被告(41)。
実は、この田中被告は山本美幸被告の元夫。

かつての妻、山本被告の知られざる素顔について語り始めた。

田中涼二被告:
昔と何も変わっていない。人間じゃないですよね。
ある日「お金がヤバいね」ってなって。付き合っていた男がおると、そいつにお金を貸していると。「とりあえず相手を呼ぼうや」って言って(呼んだ)。相手は「借りてない」と(言った)。
(山本被告が)「周りにヤクザの知り合いいっぱいおるけん」。今度、田中政樹が出てきて、自分は(山本被告に)言われるがままに暴行して、お金を取ったって形になった

ーー山本被告自身が手を出すことは?

田中涼二被告:
ありましたね。シガーライターを体に押しつけてみたり、カッターナイフで爪を剥いでみたり、ヘラヘラ笑いながら「これ楽しいもんね~もう1枚取る?まだわからん?じゃあもう1枚」みたいなのを平気でやってましたね

岸被告が、なぜか数週間だけ戸籍上、結婚した女性、酒井美奈子さん。
取材を進めると、酒井さんは瑠美さんと同じように山本被告らと一緒に暮らした後、不審な死を遂げていたことがわかった。

美奈子さんを知る人:
心臓の病気って聞いたんですけど、殺した疑惑が正直あった…。(山本被告が)無理矢理、食べさせてましたね。残してたりしたら「早く食べろや」って叩いたり、足蹴りだったりとか、何回か見たことある。泣きながら食べてたりしていたので

【関連記事】
太宰府市主婦暴行死事件(1) 被告に取り込まれ…一家をのみ込んだ脅迫・洗脳 警察も予想外の対応

(テレビ西日本)