人気ドラマ「古畑任三郎」シリーズなどに出演し、数々のドラマで活躍した俳優の田村正和さんの突然の訃報に、多くの共演者からしのぶ声が届いている。

田村正和さんは、「阪妻」の愛称で親しまれた往年の大スター・阪東妻三郎さんを父に持ち、時代劇「眠狂四郎」や、トレンディードラマ「ニューヨーク恋物語」など、数々のテレビドラマに出演。

中でも代表作といえば、1994年に始まった「古畑任三郎」シリーズは、田村さん演じる警部補・古畑の独特の語り口調などで人気を博した。

2018年放送の「眠狂四郎 The Final」が、最後のドラマ出演となった田村さん。

「古畑任三郎」で共演した西村まさ彦さんは、「ご一緒させていただいたことは、わたしにとって飛躍の大きなきっかけとなりました。作品、役に向き合う真摯(しんし)でストイックな姿勢。多くのことを学ばさせていただきました」と話した。

同じく「古畑任三郎」で共演した石井正則さんは、「一報を聞いたとき、その場で動けなくなりました。古畑さんの部下として、これからもしっかり動けるよう努めてまいります」と話した。

「ニューヨーク恋物語」で共演した岸本加世子さんは、「突然の訃報に身体の震えが止まりません。相手役をさせていただいてから、ずっと大好きな俳優さんでした」と追悼している。

昭和、平成を通じ、数々の名演技を残した田村さん。

葬儀は、すでに近親者で執り行われたという。