俳優の田村正和さんが、4月に心不全のため亡くなっていたことがわかった。

テレビドラマ「古畑任三郎」で親しまれてきた俳優・田村正和さん。

4月3日、心不全のため、都内の病院で亡くなっていたことがわかった。
77歳だった。

往年の映画スター、阪東妻三郎さんの三男として生まれた田村さん。

1961年に映画「永遠の人」で本格デビューし、テレビ時代劇「眠狂四郎」などの二枚目の役で注目された。

脚本家・三谷幸喜さんが手掛けた「古畑任三郎」では、やわらかい物腰の内に秘めた卓越した推理力で、完全犯罪をたくらむ犯人たちと対決していく刑事役を見事に演じ、シリーズ化される人気作となった。

田村さんは以前、フジテレビのインタビューで、自らの俳優人生について、「やっぱりこの仕事をやっている支えは、父がもしこの時代に俳優をやっていたとしたら、きっとこういう俳優であり続けるだろうなということを、頭の中に入れて僕はやっている。それがきっと支えになっているし、僕の俳優としてのスタイルになっているのかなと思っている」と話していた。

田村さんが亡くなったことを受け、18日夜、田村さんの弟で俳優の田村亮さんが、自身のウェブサイトでコメントを発表した。

正和さんの弟・田村亮さんのコメント「兄は幸せな人生を送ったと思います。仕事でもプライベートでも、何事も自分のライフスタイルを崩さず、全うしたと思います。葬儀も派手にせず、静かに見送ってくれと家族に言っていたそうです」

コミカルからシリアスまで。
幅広い役柄をこなし、時代を超えて愛された昭和の名優。

あの独特な語り口は、今でもわたしたちの耳に残っている。