福島空港の2020年度の乗降客数は6万8355人で、前年度より19万人余り減少した。1993年の開港以来、過去最少となった。

新型コロナウイルスの感染拡大で、国内線の定期便が半数近く運休となったことや、外国からの入国規制により、国際線のチャーター便が初めて運行実績ゼロとなったことが要因。

経常損失は3500万円の赤字。最終赤字は平成21年度以来11年ぶり。