当選無効となった国会議員が受け取った歳費について、自民党は返還できる仕組みの検討を始めることになった。

自民党の林幹事長代理は17日、歳費の返還ができる仕組みを検討するチームを立ち上げると表明した。

2019年の参議院広島選挙区での大規模買収事件を受けて、自民党内では、当選無効となった国会議員の歳費の返還を可能にする、歳費法改正などを求める声が上がっていた。

公明党も法改正の必要性を訴えており、与党内の議論が加速するとみられる。