東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森会長は24日夜に会見し、3月26日にJヴィレッジから始まる予定だった聖火リレーはスタートしないと発表した。

24日午後8時から安倍首相がIOCのバッハ会長に東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することを軸に検討するよう要請。バッハ会長は100%同意する意向を示し東京オリンピック・パラリンピックの開催を1年程度延期し遅くても2021年夏までに開催する方針が確認された。

森会長は、2020年中にオリンピックが開催されることはなくなったことから、聖火リレーのスタートを見送ることを決めたと説明した。