あごに傷、手にあざも…被害男性が語る一部始終

5月6日朝、札幌市東区にある銀行前の路上で、高齢の男性がバッグをひったくられた事件。
被害者の男性が、カメラの前で事件の一部始終を語った。

被害に遭った男性:
何もしゃべりもしない。何もしないで、背後からバッグをスポっと抜いて逃げた

ひったくり被害について語る81歳の男性
この記事の画像(9枚)

あごの下に残る傷、手にはあざも…

男性の顔に残る傷

ひったくりの被害に遭った男性が、カメラの前で事件について語った。
事件があったのは、札幌市東区北13条東7丁目の銀行前の路上。5月6日午前10時すぎ、近くに住む81歳の男性が、後ろから来た男に通帳や現金などが入ったバッグを奪われた。

札幌市東区北13条東7丁目の事件現場(5月6日)

記者:
被害者の男性は、銀行の入り口の前で背後からバッグを奪われました。男は、すぐに右に曲がり、走って逃げたということです

現場付近の防犯カメラの映像には、バッグのようなものを手に、勢いよく走り去るキャップをかぶる長袖の男の姿が映っていた。

防犯カメラの映像

被害に遭った男性:
(逃げた男は)割と若いと思う。「ドロボー!」と大きい声をはりあげて追いかけたが、足の調子が悪く、転んでしまった

男性は、男を追いかけようとした際に転倒し、顔などに軽いけがをした。

転倒しけがをした男性 手にはあざも…

当時、銀行が混雑していたため、男性が外で待っていたところ、被害に遭ったという。

被害に遭った男性:
(早く捕まってほしい?)
それが一番。若い人だから、もう少しまともな生活してほしい

逃走している男は若めで、青系の長袖シャツに黒系のズボン、白のマスクに黒系のキャップを身に着けていた。 

警察が、男の行方を追っている。

(北海道文化放送)