プレスリリース配信元:Report Ocean

2021年5月11日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-バイタルサイン監視デバイス市場は、2021年から2027年の予測期間にわたって6.5%以上のCAGRで成長すると予想されます。


世界のバイタルサインモニター機器市場は、2020年には約53億米ドルとなり、2021-2027年の予測期間には6.5%以上のCAGRで成長すると予想されています。



レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1516

市場概況:


バイタルサインモニターは、体温、呼吸数、脈拍、血圧などのバイタルパラメーターの状態を正確に把握し、提供します。これらのパラメータに変化があった場合、医療従事者は緊急時の治療方針を決定することができます。これらの機器は、病院の重症患者用ユニットや外科センターで患者を継続的に監視し、早産やその他の健康問題が発生した場合には、小児科での治療を行います。老人人口の増加、入院率の上昇、携帯型モニタリング機器の需要増加などが、予測期間における市場成長の要因となっています。例えば、AgeingAsia.orgによると、60歳以上の人口は、2019年には11,988,000人で、2050年には29,841,000人に増加すると予想されています。また、60歳以上の人口の割合は、2019年には12.3%、2050年には27.2%になると予想されています。また、国連経済社会局によると、2019年の世界の65歳以上の高齢者は7億300万人で、2050年には15億人に倍増すると予測されています。しかし、広告の押しつけがましさや、低・中所得国におけるこれらの機器の認知度の低さが、予測期間における世界のバイタルサインモニタリング機器市場の成長を抑制する大きな要因となっています。

世界のバイタルサインモニタリングデバイス市場は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要な地域別に分析されています。北米は、新技術の急速な導入、高齢化社会の進展、家庭や診療所での健康モニタリング機器の需要などにより、市場シェアで世界をリードする重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2021年から2027年の予測期間において、最も高い成長率/CAGRを示すと予想されています。

このレポートに含まれる主なマーケットプレイヤーは以下の通りです。


Hill-Rom Holdings, Inc.
Halma plc (サンテック・メディカル社)
Nonin Medical, Inc.
オムロン株式会社
マシモ株式会社
ゼネラル・エレクトリック社
メドトロニック・ピーエルシー
日本光電工業株式会社
Koninklijke Philips N.V. (オランダ)
A&D社 コンテックメディカルシステム社
スミス・グループ・ピーエルシー


この調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の市場規模を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における業界の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては以下の通りです。

製品タイプ別


血圧測定器
パルスオキシメータ
体温測定器


エンドユーザー別


病院・診療所
外来手術センター(ASC)
在宅医療施設


地域別


北アメリカ
米国
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
その他のヨーロッパ諸国
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1516

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ