5月12日はアセローラの日です。産地の本部町ではアセローラを使用したデザートが給食にならび子どもたちが旬の味覚を堪能しました。

上本部学園の給食に登場したのはキンキンに冷えたアセローラのゼリーです。

アセローラの拠点産地である本部町ではこの時期に果実の収穫が始まる事から5月12日を「アセローラの日」と定めていて、町内で栽培・加工などを行っている企業が毎年子どもたちにアセローラのゼリーをプレゼントしています。

▽児童『めちゃくちゃ甘くて美味しいです。甘くて酸っぱくてそれがちょうどいい感じですごくおいしいです』

▽提供した企業の代表『本部町の特産品として知って貰いたいという想いでこの企画を毎年続けています』

子ども達は甘酸っぱい地元自慢の味を楽しんでいました。