杉本知事は18日午後11時、緊急会見を開き福井市内の50代の会社役員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

福井県内では初の感染確認。県によると県内で初となる新型コロナウイルスの感染者は福井市内に住む50代の会社役員の男性。この男性は3月6日から8日にかけて出張のため東京に滞在し移動には飛行機を使ったという。県内に戻った後、12日に37度台の発熱があり14日まで発熱が続いたため県内の一般の医療機関を受診。いったん熱が下がったため16日と17日に会社に出勤したが18日再び37度台の熱が出たため別の一般の医療機関を受診しレントゲン検査で肺炎が見られた。感染が疑われたため福井市保健所への連絡を経て専門外来を受診し、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が判明した。男性は現在指定医療機関に入院し症状は軽く男性の妻や会社の従業員ら濃厚接触者合わせて5人に発熱などの症状は出ていない。県や福井市保健所は感染源や濃厚接触者をさらに調べている。