福岡・北九州市で、高級車が燃える不審火が相次いでいる事件で、5日未明も高級車1台が燃えた。

警察は、この車に放火した疑いで、20歳の自称・風俗店従業員の男を逮捕した。

5日午前2時40分ごろ、北九州市小倉南区で、駐車場に止められていた高級車「ベンツ」が燃える火事があった。

警察は、近くにいた苅田町に住む、自称・風俗店従業員の浮田夢来容疑者を放火の疑いで緊急逮捕した。

浮田容疑者は容疑を認めている。

小倉南区では4日、わずか3時間半の間に、半径2.5km以内で高級車が燃える不審火が4件相次ぎ、あわせて6台が焼けた。

一部の現場では、防犯カメラに車の周辺をうろつく不審な人物が写っていて、警察は、連続放火の疑いも視野に、浮田容疑者の調べを進めることにしている。