「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の男性を殺害した疑いで逮捕された元妻が、逮捕後の調べで、事件への関与について供述していないことがわかった。

須藤早貴容疑者(25)は3年前、和歌山・田辺市の自宅で、夫だった資産家の野崎幸助さん(当時77)に覚醒剤を口から摂取させて、殺害した疑いが持たれている。

その後の関係者への取材で、須藤容疑者は、逮捕後の警察の取り調べに淡々と応じているものの、事件への関与については供述していないことがわかった。

捜査関係者によると、須藤容疑者は、逮捕前の任意の聴取では、事件への関与を否定していたという。

須藤容疑者は事件の前、田辺市内で密売人と接触し、覚醒剤を入手したとみられていて、警察は、覚醒剤の入手ルートについてもくわしく調べている。