仙台うみの杜水族館で去年8月に生まれたオウサマペンギンのヒナの愛称が決定し、5月5日、お披露目されました。

愛称が発表されたのは、去年8月に誕生したオウサマペンギンのオスのヒナです。

仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館では5月5日、愛称のお披露目会が行われました。

お披露目

「愛称は『ひろせ』に決定しました」

この愛称は水族館が今年3月から1カ月間、ツイッターなどで募集を行い735票の中から選ばれました。

愛称の「ひろせ」には「広瀬川のように市民に愛されながらのびのびと成長してほしい」という思いが込められています。

生まれたときの体重がわずか175グラムだった「ひろせ」。いまでは、綿毛も抜け落ち、体重はおよそ14キロ、体長も110センチ程度まで大きくなりました。

訪れた人

「おとなより大きくてびっくり。よちよち歩いていてかわいかった」

訪れた

「仙台に生まれたのでのびのび大きく育ってほしい」

今は黒いくちばしの「ひろせ」ですが、これから1年ほどかけて大人のペンギンへと成長していくということです。