大阪府大東市のマンションで女子大学生が殺害された事件で警察は、真下の部屋の火事で死亡した男が事件に関与した疑いが強まったとして、男を殺人の疑いなどで書類送検する方針です。

4月28日、大東市のマンションの一室で、大学生の吉岡桃七さん(21)が殺害されました。

また同じ時間帯に起きた真下の部屋の火事で会社員の嘉本悟容疑者(48)が死亡しました。

警察によると、吉岡さんの部屋に残された凶器の一部から嘉本容疑者の指紋が検出され、嘉本容疑者の部屋からは凶器などを購入したレシートも複数枚見つかっているということです。

警察は嘉本容疑者が吉岡さんを殺害した後、自分の部屋に火をつけた疑いが強まったとみて容疑者死亡のまま殺人などの疑いで書類送検する方針です。