きょうの山陰地方は雨に加え強い風が吹く天気となっている。

出雲市で5月としては観測史上最大となる27.5メートルなど各地で20メートル前後の最大瞬間風速を観測した。

この強風の影響でJRは山陰本線の各区間で始発からの運転を取りやめていたが、順次運転を再開し午前11時までに全ての区間でほぼ正常ダイヤに戻った。

影響を受けた特急列車は、岡山‐出雲市間のやくもが上下線6本が全面運休するなど、特急と普通列車合わせ38本が全面運休し、部分運休は9本に上り1000人の足に影響した。