(吉井庸気象予報士が解説)正午現在

きょう5月5日はこどもの日。

南風で鯉のぼりも元気に泳いでいます。

午後は、天気が下り坂、南風が強く、横殴りの雨になる所もありそうです。

◆雨と風の予想

5日正午、日本海にある低気圧から雨雲が広がっていて、南風も強く吹いています。

この後の動きです。

午後は、雨雲と風の強いエリアが北海道にもかかる予想です。

太平洋側を中心に横殴りの雨となりそうです。

札幌も、一時的に雨の降る時間がありそうです。

風が強く、傘が差しにくいので、防水の効いた服がおすすめです。

◆時間ごとの天気

・道央と道南

道南はすでに雨雲がかかり始めていて、函館は、昼過ぎには雨が降り出すでしょう。

札幌では、午後3時ごろからぽつぽつと雨が降りそうです。

・道北とオホーツク海側

稚内は、午後は雨が降ったりやんだりとなります。

オホーツク海側は、天気の崩れはなく、網走では、15℃まで上がり、寒さは和らぎそうです。

・太平洋側

室蘭や苫小牧は、午後1時ごろから雨が降り出します。

道東も夕方以降は雨が降りやすいでしょう。

沿岸部は風も強く、傘が差しにくくなります。

また、気温も上がらず、根室は9℃、室蘭は10℃の予想です。

◆黄砂・PM2.5に注意

あす6日から日曜日にかけては、黄砂やPM2.5が北海道に飛んでくる予想です。

通気口にフィルターを貼ったり、

洗濯物は部屋干しにするなど、対策をした方がよさそうです。

◆週間予報

・日本海側とオホーツク海側

6日、7日は気温が急上昇します。

札幌の最高気温は23℃、金曜日は、オホーツク海側は、25℃以上の夏日になる所もありそうです。

週末は雨が降りますが、気温は平年より高くなりそうです。

・太平洋側

金曜日にかけてよく晴れそうです。

シラカバ花粉が飛びやすいので、家に帰ってきたら、

服を払ってから部屋に入ったほうがよさそうです。

土曜日と日曜日は、再び雨が降りますが、

土曜日は午前中、日曜日は午後が中心の雨となりそうです。