中日ドラゴンズの根尾昂選手。初ホームランは豪快な満塁弾になりました。

 歓喜の瞬間は3回に訪れました。先頭のビシエド選手がヒットで出塁すると、続く高橋選手が連打。さらに阿部選手がフォアボールを選び1アウト満塁とすると、打席には根尾選手。

 2ボールからの3球目…。高々と上がった打球はドラゴンズファンの待つライトスタンドへ。プロ初ホームランに、チームメイトも根尾選手を笑顔で祝福します。

 さらに4打席目には、センターへの痛烈な当たりでマルチ安打に。試合も打線が爆発し8得点と、根尾選手のメモリアルアーチを見事勝利で飾りました

根尾選手:

「(Q.HRの感想は?)やったーって感じですかね。(Q.喜びを伝えたい人は?)母の日が近いということでプレゼントを渡したんですけど、こうやってホームランが打てたのは両親が生んでくれたおかげなので、両親にありがとうと伝えたいと思います」

 ドラゴンズの日本人選手のプロ初ホームランが満塁ホームランとなるのは、71年前の杉下茂さん以来だということです。