砂浜や丘陵地などオフロードで楽しむ4輪バギーの専用施設が、島根県益田市にオープンしました。新たな観光レジャースポットとして話題になっています。

4月18日に益田市郊外の山間にオープンした「TBリゾートみと」。美都の自然を満喫しながら楽しめるのがこのバギー体験です。バギーはオフロードのレジャー用車両として人気があり、どんな道も走ることができるタフさと4輪ならではの安定感が特徴です。ただこうした4輪バギーの専用施設は、全国的にもまだ珍しいといいます。この施設をオープンしたのは草野 剛之さん(50)。乗り物好きが高じて2年前に購入したバギーを楽しむため、所有する山林を友人と共に切り拓いたことがきっかけでした。

T‐ALLROUNDPROJECT・草野 剛之代表:

「開拓したらすごく立派なコースができて、これは皆さんにバギーの楽しさを知って頂きたいと思った」

体験はインストラクターによる指導からスタート。ハンドル操作を教わります。

「これがアクセルレバーです。怖かったらブレーキです」

そしてインストラクターの先導で林の中へ。コースの全長は約2キロメートル。初心者コースでは50分かけてカーブや坂道、竹林などを抜けていきます。

原田 笑リポーター:

「そんなところ通るんですか。なかなかスリルありますよ。木々の隙間を通り抜けます」

「初心者の私でもすぐに乗りこなすことができました。本当に気持ちよくてスカッとしました」

利用は密を避けるため完全予約制で10歳から乗車できます。草野さんはこの場所に故郷・益田の地域活性化への想いも込めます。

T‐ALLROUNDPROJECT・草野 剛之代表:

「(益田に)足を運んで頂くとなると何かがないと来てもらえません。その一つの目玉として来て頂いて、それから(近辺の)いろんなところで楽しんで頂けるようにしていきたい」

あらたな観光レジャースポットとして大きく飛躍する日をめざして、バギーがこの大型連休中も駆け抜けます。