J3・テゲバジャーロ宮崎は、2日5月唯一のホーム戦に臨みました。

先週視聴者の投票で、最初の得点を決めるのはどの選手かアンケートを取りました。

その結果がこちら!

藤岡選手が1位、僅差で梅田選手、続いて、橋本選手、徳永選手という結果でした。

果たしてどの選手が5月のヒーローになったんでしょうか。

(藤岡選手)「とにかく1点欲しいです」

(梅田選手)「どんな泥臭いゴールでも1点が欲しいです」

(橋本選手)「(初めての)得点を取りたいです」

(徳永選手)「応援に来てくれた人たちを勝たせられるように頑張ります」

強風の中迎えた第7節。

相手は、元日本代表・駒野などを擁するFC今治です。

(瀬良キャスター)

「GWのホーム戦、子どもたちに勝利を届けられるのでしょうか」

テゲバジャーロは、立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けます。

そして、早速、テゲバジャーロの先制シーンがやってきます。

誰が決めるのか注目してください。

ここから見せ徳永から前田、前田が中央へパス、これを拾ったのが藤岡!

最初にゴールを決めたのは、エントリーナンバー1番の日章学園出身、藤岡浩介!

藤岡はこのゴールでJ3得点ランキングトップを守ります。

このあともピックアップ選手たちが追加点を狙います。

1点リードで折り返した後半、開始3分でした。

代からのロングボールに走りこんだのは橋本!

のどから手が出るほどゴールが欲しかった橋本、念願の初得点にメンバー全員が祝福します。

しかし、後半11分、元日本代表・駒野のクロスからこちらも元代表の橋本英郎。

今治に1点を返されます。

実力者が揃うFC今治。

その猛攻を最後まで耐えしのいだテゲバジャーロ。

ホーム3戦連続の勝利をサポーターに届けました。

(観客)

「楽しかったです」

「点数を入れたところがかっこよかったです」

「初めてサッカーの試合を見たんですけど感動しました」

「私は医療従事者なんですけど同じ年代の人たちが頑張っている姿を見て私も頑張ろうと思いました」

(橋本啓吾選手)

「ずっと(得点が)取れていなくて、今日こそ取るぞという気持ちで試合に入っていた。今までのゴールと全然違って嬉しさや、今までやってきたことが実になったと感じたしみんなが祝福してくれて自分も初ゴールを取れたのでとてもうれしかったです」

(藤岡浩介選手)

「ボールを奪ってゴール前だったので思い切ってシュートを打ちました。UMKアプリで投票してくれたのでちょっと意識しながらゲームに臨んだのでゴールを取れて良かったです。」