3日の接戦を落とし、佐々岡体制でワーストとなる5連敗中のカープ。

長いトンネルの中でも、ゴールデンルーキーが4日の試合でみせた希望の光をご覧いただきます。

1点を先制されたカープは、5回。1アウト3塁のチャンスで、打席にはピッチャーの床田。

レフトへの浅いフライもサードへのランナー・クロンがホームへ全力疾走。

床田は自らのバットで、試合を振り出しに戻します。

同点の7回には、2つのフォアボールなどで招いた、1アウト1塁2塁のピンチ。

ここでライトに上がった大きな当たり。これを鈴木がナイスキャッチで、ジャイアンツの勝ち越しを阻止すると、続くバッターも、空振り三振。床田は今シーズン最長の7回を投げ、1失点の力投。先発の役割を果たし、マウンドを降ります。

試合は、同点の最終回。新人の無失点新記録をかけ、新守護神・栗林がマウンドへ。

まずは、先頭の亀井を得意のフォークボールで空振り三振。

しかし、つづく梶谷にはレフト線を破られ、得点圏にランナーを背負います。

それでも、坂本をサードゴロで、いよいよ2アウト。

最後のバッター丸も、フォークで空振り三振。

栗林はプロ初登板から14試合連続無失点のプロ野球新記録を樹立しました。