県内では4日新たに33人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。県は「従来型から変異ウイルスに置き換わる途中にある」と危機感を示しています。

那覇市内の飲食店では従業員5人が感染するクラスターが確認され、従業員同士が店内でマスクを着けずに会話していたことがわかっています。

また県衛生環境研究所などの変異ウイルスの選別検査で84人中50人がN501Yの陽性と判明し実に患者の6割に上っています。

N501Yは従来のウイルスより感染力が1.4倍強く若年層でも重症化しやすい特徴があり、県は「従来型から変異ウイルスへ置き換わりの途中にある」と危機感を示しています。