東京五輪の延期を受け、選手たちの反応。

東京オリンピックの卓球代表に内定している水谷隼選手(30)は、ツイッターで自身を老けた顔に加工した写真を投稿し、「I can do it」とユーモアを交えて意気込みをつづった。

サッカーの東京オリンピック代表候補の堂安律選手(21)は、「オリンピックがどうなるかもわからず、待機しているのは、すごくつらかったので、早く決断してくれたこと、1年後という新しい目標を立てられることに、すごくポジティブに捉えています」

また、東京オリンピックでの現役引退を表明しているスポーツクライミング女子代表の野口啓代選手(30)は、「簡単には整理がつかないというのが正直なところです。しかし、大好きな競技生活が1日でも長く過ごせることをポジティブに捉えています」とコメントを発表。

そして、陸上男子100メートルの日本記録を持つ、サニブラウン・ハキーム選手(21)は「2021年に自分の思う形に持っていけるように、今やるべきことをやっていくだけです」と前向きにコメントしている。