電話会談のあと、IOC(国際オリンピック委員会)は臨時理事会を行い、東京オリンピック延期を全会一致で承認した。

IOC・バッハ会長「選手や五輪に関わる全ての人たちの健康を守るために、2020年の東京五輪・パラリンピックを2021年に延期するという結論に至った」

臨時理事会を終えたあと、バッハ会長は、新型コロナウイルスの感染拡大が、ここ数日でより急速に進んでいることなどをふまえ、安倍首相と延期で一致したと説明。

新たな開催日程については、話していないとした。

理事会に出席したエルデネル理事は、FNNに対し、「(新たな開催日程は)1~2週間では決められない」と述べ、「技術的な部分で調査すべきことがいろいろある」としている。