安倍首相は24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話で会談し、この夏に予定されている東京オリンピックの開催を1年程度延期する方針を確認した。

会談で安倍首相は、新型コロナウイルスの感染の現状をふまえ、アスリートが最高のコンディションでプレーでき、安全安心な大会にするため、開催の1年程度延期を検討するようバッハ会長に提案した。

これに対しバッハ会長は、100%同意するとの意向を示し、東京オリンピック・パラリンピックの開催を2021年夏までに1年程度延期する方針が確認された。