被害をもたらしたのは竜巻だったのか、静岡県牧之原市で突風の被害が出た現場では気象台が調査を進めています。

気象台の担当者は2日朝 牧之原市に入って市の職員と住宅街を回り、住民に話を聴くなどして被害状況を詳しく調べています。

被害は住宅や電柱のほか農業用ハウスなど市内4つの地域の広い範囲に及んでいて、気象台の担当者は「被害の範囲や当時の気象状況を調べるが竜巻が発生した可能性が高い」と話しています。