国連のグテーレス事務総長は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、共通の敵はウイルスであって戦争をしている時ではないと、世界中に停戦を呼びかける緊急のアピールを行った。

グテーレス事務総長「武力紛争をやめて、わたしたちの人生のための本当の戦いに集中するときです」

グテーレス事務総長は23日、世界の紛争地ではコロナウイルスの感染拡大のおそれがあるとして、停戦の必要性を訴えた。

また、G20(主要20カ国・地域)首脳会議の指導者たちに書簡を送り、医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な国への財政的な支援を呼びかけていることを明らかにした。

内戦が続くシリアでも、初めて感染者が確認されるなど、アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学の集計では、全世界の感染者数は37万人を超え、これまでに1万6,000人以上が死亡している。