29日、沖縄県宜野湾市と名護市でアパートの1室が燃える火事がありました。いずれもけが人はいません。

29日午後1時半前、宜野湾市伊佐の鉄筋コンクリート2階建てのアパートで「火災報知器が鳴っている」と1階にいた人が消防に通報しました。

火は2階部分の1室から出ていて、およそ2時間後に消し止められました。他の建物への延焼は無く部屋の住人は不在でけが人はいませんでした。

午後10時過ぎには名護市宮里で3階建てのアパートの1室が燃えました。

住人の男性がたばこを吸っている際に、殺虫剤を使用したことでたばこの火が引火したとみられています。

男性にケガはありませんでした。

警察と消防が現場の状況を詳しく調べています。