大相撲春場所の取組で倒れ、闘病生活を続けていた28歳の力士が亡くなった。

日本相撲協会は29日午後、境川部屋の三段目の力士・響龍さん、本名・天野光稀さんが28日夕方、急性呼吸不全のため、東京都内の病院で亡くなったと発表した。
28歳だった。

響龍さんは3月26日、春場所13日目の取組で頭を強く打ち、緊急搬送されていた。

日本相撲協会の八角理事長は「1カ月以上にわたる闘病生活、さぞつらかったかと思いますが、ご家族や師匠らの懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました」とコメントしている。