ファストファッションの先駆者が撤退、 一体何が・・・?

ファッションの聖地、東京・原宿駅前の一等地に構える米国発祥の大手ファッションブランド「GAP(ギャップ)」 は、旗艦店・原宿店を5月7日に閉店する。

(画像:FNNPRIME)
この記事の画像(3枚)

旗艦店がオープンした当時(2009年11月)は、客が殺到し店内は大混雑だったが、約9年半の歴史に幕を下ろすことになった。
若い世代からは、“ここ(原宿)じゃなくても(GAPは買える)。(GAPは)どこにでもある”という声も聞かれる。

なぜ原宿のシンボルでもある大型店舗を閉めることになったのか。

閉店理由は「 時代に即した“ブランド戦略”」


GAP広報によると、閉店の理由は売り上げの減少ではなく、これまでかかっていた人件費や賃料などのコストをEC・いわゆるネット通販へ投資する、”時代の変化に合わせたブランド戦略” へ転換していくことだと言う。

(画像:FNNPRIME)

国内のアパレルネット通販(EC)市場規模を見ると 2007年は5000億円だったが、今年は2兆円超まで拡大するとの予測も出ているというのだ。


GAPは今後、EC分野などへの投資を進めサービスの向上に役立てるとしている。

(「Live News it!」4月8日放送分より)