プレスリリース配信元:株式会社NEXER

日本トレンドリサーチ・入れ墨、タトゥーに関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「入れ墨・タトゥー」に関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。


■店員の入れ墨・タトゥーについて、54.8%が「良くないと思う」と回答、一方、20代以下では29.2%と減少
米ディズニーは、「ディズニールック」と呼ばれるテーマパークで働くキャストの身だしなみについて、ダイバーシティやインクルージョンを推進する取り組みの一環として、一定のルールの下でタトゥーを許可するなど規制を緩和することを発表しました。

特に海外では「入れ墨・タトゥー」に寛容なイメージがありますが、日本でも最近はファッション感覚でタトゥーを入れる人が増えているようです。

全国の皆さんは「入れ墨・タトゥー」について、どのように思っているのでしょうか。

今回は、全国の男女1,200名を対象に、「入れ墨・タトゥー」についてアンケートを実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/7933/)へのリンク設置

「入れ墨・タトゥーに関するアンケート」調査概要
調査期間:2021年4月16日~20日
質問内容:
質問1:入れ墨・タトゥーを入れていますか?
質問2:入れ墨・タトゥーを入れたいと思いますか?
質問3:お店などで、接客をする従業員が入れ墨・タトゥーを入れていたら、どのように思いますか?
質問4:その理由を教えてください。
質問5:入れ墨・タトゥーについて今後、規制を緩和していって、もっと一般的なものにしていくべきだと思いますか?
質問6:その理由を教えてください。
集計対象人数:1,200人
集計対象:男女

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■お店などで、接客をする従業員が入れ墨・タトゥーを入れていたら、どのように思いますか?
まずは、入れ墨・タトゥーを入れているかについて聞きました。

97.0%と、ほとんどの方が入れ墨・タトゥーを「入れていない」と回答しました。
では、実際に入れてはいないが入れてみたいと思ったことがある方はどのくらいいるのでしょうか。

「入れたいと思ったことがない」が83.3%でした。
やはり、まだ日本ではタトゥーに対して抵抗がある方が多いのでしょうか。

続いて、お店などで、接客をする従業員が入れ墨・タトゥーを入れていたら、どのように思うかについて聞きました。

「良くないと思う」が54.8%で最も多く、「良いと思う」は10.5%でした。

この回答を年代別に集計したところ、以下のようになりました。

60代では70.5%、70代以上では75.5%の方が「良くないと思う」と回答するなど、60代以上の方は「入れ墨・タトゥー」について特に抵抗があるのかもしれません。

一方、20代以下で「良くないと思う」と回答したのは29.2%で、半数以上の50.8%の方は「どちらとも思わない」と回答しました。
年代毎に「入れ墨・タトゥー」に関する考え方には大きな差があるようです。

この回答の理由についても聞いたので、一部を紹介します。

「良いと思う」回答理由


ピアスと同じです。ピアスしているからと言ってその人に対して悪い印象を持つことはありません。(10代・女性)
時代は変わった。タトゥーはファッションの一種。(30代・女性)
身体になにがあるかはサービスするあたって関係ないと思うので。(30代・女性)
カッコイイと思うから。(50代・男性)
個人的なこだわりや好みだろうし、むしろ個人の表現として良いと思う。(30代・女性)
入れ墨・タトゥーはファッションの1つだと思っているから。入れ墨やタトゥーが入っているという理由だけで、悪い人だとは思わない。(20代・女性)
周りに迷惑がかかっていないから。個性としてみてほしい。(40代・女性)
合法的で違法性の無いものであれば、多様性を認めるべきだと思うからです。(70代・男性)
おしゃれだし、入れてるからといって悪い人とは限らないし、全く気にならない。(20代・女性)
その人が丁寧に接客していれば見た目なんて関係ないと思う。(20代・女性)
タトゥーをしている人を海外でたくさん見てきたから慣れた。日本で日本人が入れてても平気になった。(30代・女性)
プライベートのことなので仕事上で問題がなければ構わないと思います。(70代・男性)


「良くないと思う」回答理由


威圧感や不信感を感じてしまうから。(60代・男性)
おしゃれでいれている方もいますが、入れ墨が見えた時点で距離を置いてしまうかもしれません。怖いイメージがあります。接客業には不向きだと思います。(50代・女性)
きちんと社会人として教育されてないのかなと感じるため。(40代・男性)
あまりいい印象を受けないので、お店のイメージダウンになりそうだから。(50代・女性)
マイナスのイメージがある。そもそも、親からもらった体に傷をつける行為は、不適当だと思う。(70代・女性)
どんなに感じが良い方でも入れ墨は怖いです。(50代・女性)
タトゥー・入れ墨をしている人は反社会的な人な多いイメージがあるから。(20代・男性)
ファッションだとしても、どうしても悪いイメージが払拭できない。(50代・男性)
まじめな人では無い印象を抱く。仕事とプライベートを混同しているいい加減な感じの人に感じるから。(60代・女性)
アートは好きですけど、わざわざ肌にする必要はないと思う。色彩に欠けるし、そもそも肌は動くからきれいだとは思えない(40代・女性)


「どちらとも思わない」回答理由


飲食店や子供がいるところだといけないが、それ以外だったら別にいいと思ったから。(20代・男性)
びっくりはするけれど、海外の人は当たり前に入れている人も多いようだし、暴力団員のような模様でなければオシャレのために行っているのかもと思い気にしない。(50代・女性)
タトゥーを入れていて誰かに迷惑がかかるとは思わないから。仕事上年配のお客様が多く、偏見を持たれる人は多いと思うので、仕事の時は見えないようにしたらいいと思う。(30代・女性)
あまりにも目立つところは如何なものかと思うが特に気にしないし何とも言えない。ケースバイケース。(50代・女性)
おしゃれの一部としてなら気にならない。(40代・男性)
するもしないも個人の自由。ただ、入れる場所による。目に見える場所ならば接客をする上では宜しくないとおもう。見る人によれば良い印象ではない。(20代・女性)
100%の偏見があるわけではないから。ただ見えないようにはしてほしい。(30代・女性)
その人の個性、考え方なので一概にいえないが日本では余り定着していない。(60代・女性)
タトゥー入れたい子は入れたいなりの理由があるんだろうなと思うまで。接客するなとは思わない。(50代・女性)
今の時代、タトゥーはピアスと同じでおしゃれだと思う。でも、閉鎖的な日本ではまだ受け入れることができない気がする。(40代・女性)
一般的には良くないが、反社会的関係者でなければ、ファッションとして個人の自由だと考えています。ただし反社のイメージが強いので、難しいとは思います。(30代・男性)


現在の日本では「入れ墨・タトゥー」をしていると温泉施設やプールに入れなかったり、スポーツジムに入会できなかったりと規制がされています。

入れ墨・タトゥーについて今後、規制を緩和していって、ファッション・趣味などもっと一般的なものにしていくべきだと思うか聞き、年代別に集計しました。

20代以下では59.5%と約6割の方が「していくべきだと思う」と回答しましたが、30代以上の方は「していくべきだと思わない」方のほうが多くなりました。

この回答の理由についても聞いたので、一部を紹介します。

「していくべきだと思う」回答理由


タトゥー入っているから悪い人という決めつけは良くない。もっと多様性を認めた世の中にしたいから。(30代・女性)
ピアスやネイルと同じように、ファッションの一部だと思う。(70代・男性)
個人の自由として、アクセサリーなどと同じと考えれば良いと思う。ピアスも耳に穴を空ける事で、受け入れられていなかった時代があったが、いまではみんな当たり前の様にしている。いつか入れ墨もファッションの一つとされるのではないかと思う。(40代・女性)
多様性を考えるきっかけになると思うため。(10代・男性)
海外の方は入れていても普通なのに、過剰に反応するのはどうかなと思う。(30代・女性)
スポーツ選手もタトゥーを入れている人は沢山いるから。(50代・男性)
アクセサリーのような軽い気持ちでいれたいと思ってる人もいると思うので。(60代・女性)
これも一種の多様性だと思うし、ここの価値観のしばりつけは国民の意識の硬化にもつながるような気がするので。(30代・男性)
オシャレや一個人の表現として入っている人と反社会勢力とを一色にしてしまっている日本では、子どもができた時に一緒に公共の場に入れない、旅先で楽しめないことがあるなど、残念な事が多いから。(30代・女性)
特にどちらでも良いと思いますが、刺青やタトゥーに対して『無条件に』快く思わない方もいるかと思うのでそういう意味で緩和されたら良いのかな、とは思います。(20代・女性)
メジャーなものになって、明るいイメージになれば印象も変わると思う。(30代・女性)


「していくべきだと思わない」回答理由


簡単に入れたり消したり出来ないと思うし、身体に良くないと聞いたことがあるため。(50代・女性)
いつでも刺青を完全に消せる技術が出来ればファッションとしても良いが、彫ったあとで後悔すると思う。(60代・男性)
あまり健康的でないイメージがあるのと、若気の至りとして簡単に消すことができないから。(40代・男性)
タトゥーはファッションとして気軽に考えるものではないと思います。身体へのリスク、将来の事など考えると簡単にするものではない。(50代・女性)
まだ奇異な目でみられるし、実際やらないに越したことはないと思うから。MRIとか使えないと聞いたことがある。(50代・女性)
おしゃれであるならば、刺青ではなく、表現の自由の一形態として、身につける纏うような製品を使うようにすれば良い。(70代・男性)
いれた人を非難しないが、自由にしていいのとは、少し違うと思う。(40代・女性)
安易に自分の身体を傷つける事は良くない。またシール等の入れ墨であっても、やはり対人関係に良い影響は及ぼさないので止めるべき。(40代・男性)
あまりイメージが良くないので。(30代・男性)
ある程度規制がないと、子供まで入れ墨に興味を持つと思うので、それはあまり良くない。(40代・女性)
海外の人もよくタトゥーを入れている人が多いがやっぱり第一印象はよくないから。タトゥーの種類にもよるけど。(50代・男性)
ファッションは変えられるものであって一回入れたら簡単に消せない入れ墨をファッションということ自体疑問。他人を威圧する事に利用するために入れている人間がほとんどなのでファッションにしてはいけない。(40代・男性)


今回の調査では若い方ほど「入れ墨・タトゥー」に寛容であるというような結果になりました。
しかし、全体でみるとまだ抵抗がある方が多く、年配の方を中心に多数の方が「入れ墨・タトゥー」にマイナスなイメージを持っているようです。

また、「入れ墨・タトゥー」は一度入れたら基本的には消すことができず、MRI検査の受診や献血・輸血に影響があるなど、ファッションの一部とするにはリスクが大きいものであると考えている方も多いようです。

ファッションとしての「タトゥー」が日本でも受け入れられる日はまだまだ遠いのかもしれません。

本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/7933/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/7933/)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。