東京・池袋で車が暴走し、11人が死傷した事故の裁判で、無罪を主張している旧通産省幹部の飯塚幸三被告(89)への初めての被告人質問が行われた。

妻の松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)を亡くした松永拓也さん(34)が会見する。

事故から2年となる4月19日、松永拓也さんは現場近くの慰霊碑に献花、「苦しみながらも、葛藤しながら生きてきた2年間だったと思っている。こんな思いを誰にもしてほしくない」と話していた。

【関連記事】
“池袋暴走”遺族が妻子へ思い 「苦しみながら生きてきた2年」