新型コロナウイルスの2つ以上の変異があるインド型のウイルスが、日本国内で21件確認された。

加藤官房長官「わが国では現在、インドで確認された変異株は、トータル21件という報告を受けている」

加藤官房長官によると、新型コロナウイルスの2つ以上の変異があるインド型の変異ウイルスは、空港検疫で20件、国内事例として1件の、あわせて21件が国内で確認された。

この変異ウイルスは、インドで猛威を振るっており、ワクチンの有効性について、加藤長官は「具体的な見解が示されているとは承知していない。引き続き、情報収集に取り組んでいく」と述べるにとどめた。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ