小泉環境相は、23日夜、BSフジの「BSフジ LIVE プライムニュース」に出演し、脱炭素化に向けて再生可能エネルギーの重要性をあらためて強調した。

小泉環境相「やっぱり削減に一番貢献が高いのは再生可能エネルギーなんですよ。電力分野の脱炭素化、これ不可欠ですから、鍵は再エネでしょう」

温室効果ガスの排出量を2030年度までに13年度比で46%削減する目標をめぐり、小泉大臣は可能な限り、再生可能エネルギーを盛り込みたい考えを示した。

また、これに関して、日本がビジネスチャンスを十分に生かせていないことを指摘し、次のように語った。

小泉環境相「脱炭素市場というは、明確なのは、今後、数十年、もしくはその先まで含めて、永続的にこの市場の中でビジネスが発生し続ける」

小泉大臣はそのうえで、今後の雇用や経済を守るためにも、脱炭素化市場に早期に参入する必要があるとの認識を示した。