政府は23日午後、首相官邸で新型コロナウイルス対策本部を開き、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に緊急事態宣言を発令することを決定した。

菅首相「本日、東京都・京都府・大阪府・兵庫県について、緊急事態宣言を発出することを決定をいたしました。期間は4月25日から5月11日までであります。今回の緊急事態宣言は、ゴールデンウィークの短期集中対策として、飲食の対策を強化するとともに、いったん人の流れを止めるための強力な措置を講じるものであります」

政府は、東京都、大阪府、京都府、兵庫県を対象に、25日から5月11日まで緊急事態宣言を発令することを決めた。

また、新たに愛媛県に、まん延防止等重点措置を適用することも決めた。

菅首相は「人の流れを止めるための強力な措置を講じる」としたうえで、「飲食店において酒類やカラオケの停止を要請する。デパートやテーマパークの休業を要請し、イベントやスポーツは原則無観客を要請する」と述べた。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ